じっくりと検討する

青汁はとても栄養素がある
ということはよく知られていますよね。
これはカラダに良い栄養があるというだけではなく、
健康維持にもつながるということもある点も見てもよくわかります。
しかも青汁はコレだけではなく、
エイジングケアも出来るとは驚きですね。
まさに「エイジングケア」というぐらいですから。
本来ならば、年齢とともに衰えてくるところも
抗ってケアされているわけですから。
青汁にどういった効果があるのか。
もっともっと調べてみたいと興味がわいてきました。
青汁にしっかりとエイジングケアの効果があるとしても、
自分自身に合ってるのかという事、
そして他の人にも共通して同じことが
当てはまるのかと言う事も調べていかないといけないと思ったのです。
ある人には効果があって、ある人には効果がないという場合は
あるのか、そう言ったところをしっかりと
調査していきたいなと思いました。
単なる偶然ではなく、しっかりとお肌のケアをしてくれるということ。
これからもじっくりと検討していきたい。そう思っています

苦手なら辞めるのも。

青汁は好きだという人は飲み続ければいいですし、
やっぱり苦手だという人はわざわざのまなくても
いいような気がします。
無理に飲んでそれがケアにつながると
は私はおもわないからです。
せっかくならば好きだからこそ、効果にも繋がると私は思いたいのです。
ケアをするなら、少なからずや自分がやっぱり好きだから
肌もちがうという方向でいて欲しいなと思うのです。
ということは青汁好きでないと
なかなか進められませんよね。
前回書きました青汁を直接口にいれるのではなく、
クリームでケアをするという形でもいやかもしれません。
しかしやっぱり青汁が苦手な人にとっては、
口にふまなくてもそのにおいを少しでも
感じただけで嫌になるはずですし、
それをなおかつ肌にぬるならぞっとするはずです。
やっぱりこういうときというのは
我慢をするのではなく、諦めるということも大事なのかな
と思ったりします。
しかし最近は青汁も非常に進歩しているので
若干苦手だと思っていても
一度物は試しと思ってやってみるのもいいかもしれませんね。

飲むだけではない。

青汁を飲む物と思っている方が多いと思います。
そして私もそうでした。
いやむしろ今でもそれが当たり前だと思っています。
ところがちょっと考え方を変えると
実は面白いことが起こるのです。
なにかといいますと、
あるクリームにこの青汁をまぜてみましたところ、
とても効果が出たという方がいたのです。
そんなバカなと思っていたのですが、
きゅうりパックを思い出して欲しいと言われたのです。
「ああなるほど」と思いました。
確かに緑の野菜を顔につけるということは
水分を直接つけるということになりますので、
いいということと
その成分自身が肌によいということで
はやったことがありましたね。
効果は別にして、そういうもの
もありかなと考えました。
青汁を乳液などのクリームでまぜ合わせて付けてみると、
その効果についてはまだはっきりと現れていませんが、
すこぶる調子が良くなったという話も聞きますので、
人によってはあうのかもしれません。面白い発想だと思いますよ。