身を持って体験

青汁始めるというと、

やっぱり青汁で終わらなければいけません.

前回もいいましたが、

やっぱり農家で作られた青汁は最高ですよ。
美味しくないのです.はっきりいって。
でも今のおいしさが異常なんです.
ローカル作られているものは一番いいわけです.

だってまずいですもの.
でもその不味さが青々臭さというかそれがすごくいいんですよね.
何日か過ごせば肌の状態が良くなったと書きましたが、

一番感じたのは、便通のよさではないでしょうか.

やっぱりお腹の調子を良くしていることはよくわかります.

こんなに都会でいて、

野菜を取ることなんてまずないでしょう.
この点からでもかなり自分としては収穫だなと思いました。

取材だなんて言わなくても、

向こうはわかっていたようです.

だって私青汁ばかり食べていたのですから.
青汁の何か取材なのかなと思っていたようですし、

大手の方の取材なのかなと思っていたらしい。
とにもかくにもやっぱり青汁というのは良い。

エイジングケアの効果があるということを体験しました.

やっぱりあったわ。

じつはこの前、私は地方のあるところに旅行しました。
なぜそこにいったかというと、実は青汁のためなんです。
青汁のためにわざと取材するなんて・・・なんて思うかもしれませんが

実は
大量に作っている工場の所に見学にいったわけではありません。
一般的な農家の所に行って、

青汁を作ってるところはないのか

ということでそこにいったわけです.
酪農なので、牛乳飲ませてるところがありますが、

そういった感覚でご自宅で青汁は作ってところないのか調べてみたです.
するとやっぱりあるもんですね.

即席というか、本当の意味の青汁とは違うのかもしれません。

しかし、自宅で採れた野菜をしっかりと、天日干しをして、

それをミキサーにかけて粉々にする.

そしてそれを水で溶かし飲むわけですから、

100%天然成分を配合した青汁になるわけです.
いってしまえばおいしいわけがありません。

所謂昔の「まずい」というかんじです.

しかし何だか体の底から元気がわいてくる(T_T)

そうなんですよね.

これがすごく大事なんだと本当に何日間かはその青汁をとると、

肌の貼り艶が良くなったんです。

こういうところなんだなと思います.

うがってみると。

ちょっと穿った考え方で見ていきたいと思うのですが、このてんについてお許しください。

青汁がお肌のエイジングケアによいというのは

ここでもいろいろ書いてきました.

青汁が良いというよりかは、その中に含まれている成分がアンチエイジングにむいていることですよね?

となりますと、青汁に含まれている成分と、

全く同じ成分を摂取すれば苦くもなく、

普通に摂取できると思いませんか?
青汁を飲むに当たって

最近では非常に飲みやすくなってきているのは事実です.

しかし、少なからず「飲みやすくなってる」と言っても

そこまでしなくてはならないというのもおかしいかなと考えてみたりしたのです。

それよりかはむしろ「飲みやすく」ではなく、本当に飲んでも何ら抵抗がないようなものを摂取したよいのではないかと思ったりしたのです.

つまり、同じような成分が含まれているものを

摂取した方が抵抗感なく間違いなく続けられますし、

毎日摂取するものだから

できるだけそういったものとったほうが

良いのかなと思ったりしました。
ということは青汁がそういった成分が全く同じものが含まれているのを

摂取することよりも

メリットがないといけませんものね.

その点について次からもしっかりと調べて行こうと思っています.

青汁をもっともっと深く掘り下げていくと、

分かってくる気がするんですよね。

その良さについては。

各産地にいろいろな青汁が。

全国で最近売られている

青汁ですが

どこも本当に特徴があって

面白いですね。

生産地で栽培されている緑黄色野菜を、

一緒にまぜて青汁にしたりとか

緑黄色野菜がなかったとしても

それ以外でも有名な産地だったので、例えば青汁と蜂蜜をまぜたようなものだったりとか

本当に各地それぞれいろいろなものが販売されています。

値段はいろいろありますね.
高いものもあれば安いものもあります.
もちろんそれは成分的理由で安い方がだめだというわけではありません。
そこで気づいたのですが、生産地で特別に生産されているものがまぜると、

一気に値段が跳ね上がるんですよね.
もちろんそれは価値があるからというのはわかるのですが、

普通の青汁が飲みたくなる人もいるんじゃないかなと思います.
特別の青汁をいただく時、忘れているかもしれませんが、毎回は無理ですものね.

普段というのはやっぱり一番慣れ親しんだ青汁が一番なんでしょうね

そのほうが、長続きすると私は思うのです.

だって、毎回おいしいというのも飽きますからね。

つけるのが主流に?

前にこんな話を聞いたことがあります.

青汁で何とお肌のエイジングケアができると言って

何を始めるのかなと思っていたら、

目の前にはある青汁を思いっきり

顔に付けだしたのです.最初は「気がどうかしたのかな」と思っていたらしいのですか.エイジングケアにきくんでしょ???ということで、

きゅうりパックとかああいう感覚で

青汁を顔につけたらしいんです.

「いやいやそうじゃなくて・・・」
「内面から綺麗にしていくですよ.」そして「それでエイジングケアになるんですよ」と言ったらあからむ顔。

すごく恥ずかしいことをしたという感じになったらしいです。

そういうのもそうですが、知らないっていうのはある意味すごいですよね.

でもその時ふと思ったのですが、
彼女の行った事というのは間違っていたのかなと.
もしかしたらそちらの方が エイジングケアになっていたのかもしれないと思うと

将来どんでん返しを食らうかもしれませんね.
飲んだら笑われる時代の方が来るかもしれません。

青汁は顔に塗るものだということが

いつしか市民権を得るかもしれないですから.

そうなったら今回の笑ったものは

ざんげしなければいけませんね.

かなり効果が出てきた。

友人の青白を摂取してから、

それほど日にちが経っているわけではないのですが、

お通じが良くなったっていうか快適で、

お肌がとてもよくなりました.

何と言っても肌の調子がすごくよかったです.

見た目にはもちろん私にはわかりません。

でも化粧のノリが全く違うのです.

これってすごくないですか.

今までだったら、隠しきれなかったシミも何だか薄く隠し切ることができるのです.このことは今までになかったんです。

化粧のノリが良くなったというのもそうなのですが、

地味にシミが薄くなってきてる気がします.

これってほんとにすごいと思いませんか?

今まで一度も感じたことない感触なんですよ。

まさかこれがエイジングケアではないかなんておもっています.

これを肌でじっかんできていること、体で感じることができるというのは

何だかほっととするというかすごいなと思いました.
これがもし何日間ではなく何ヶ月何年、続けているとびっくりすることが起こるのではないかと思っています.

しかしこれは市販の青汁ではなく、あくまで友人が作った青汁ですので、それでいいのかどうかわかりません。

栄養分がそうさせているのか、友人の作ったものがいいのかまではわからないのですが、少なからず効果が出てきていることにほっとしています。

外部からそして内部へと徐々に高価が出てきてくれているのは嬉しい限りです。

もっとすごくなることに期待しています。

しかし、違うのも試さないとですね。

青汁パック

以前にお店で出された青汁がとても美味しかったことを覚えています.

どうやって作っているのか聞きたかったんですが、

やはりこれはなかなか教えてくれそうな雰囲気ではないなと思ったのでやめました.でもどちらかというと青汁と言う感じではなく、とても心地よい.緑茶のような感じがしました.

そのあつい時に冷やしたこをいただくのは、とでもおいしいだろうなと感じました.
基本的に口当たりの良いものというのは、体に入った時にも、とても清涼感を感じるものですね.

エイジングケアに繋がることはわかりませんが、

少なくとも体は心地よくて受け止めている分、悪いことはないのではないかと思います.
さて、青汁の成分を顔に塗った場合、つまりパックしてみたらどうなのか、やってみましたよ.

悪い成分ではないし、自然のものが入ってるわけですから、

これをパックにしたからといって、それほど抵抗感はないと思います.

そして実際やってみたところ何か変わったかっていうとほとんど変化はありませんでした.

なんだ、そんなものなのかと思ったんですけれども、

こういうのもやはり継続することが大切なのではないかと思ったのです.

しかし私はこれを継続するのはちょっと抵抗がありました.

なぜかというとやっぱりにおいが気になってできなくなったからです.

無理してやる続けることはストレスがたまるので、体がためらっていることがわかったから.ちょっと保留にしています。だれかかわりにやらないかなあ。

続きを記載

前回ブログで書きましたが、友人の青汁ですのでとても苦いといいましたよね。

それ以外の情報を載せていなかったので、ちょっと慌ててしまいました.笑。
何故かと言いますと、エイジングケアのことって書いてなかったからなんですよ。

肝心のエイジングケアなのですが、

まずなんといってもお通じが良くなったということでないでしょうか.

だから肌の調子がすこぶるよかったと思います.

エイジングケアに繋がったとかまでわかりませんが、とりあえず体がきびきびきしましたし、体調が良くなってきた気がします.

ヨーグルトよりもお通じが多くなるというのは確かに感じます.

美味しくないので定期的に摂取したいと思わないのですが、

これだけすこぶる体が調子が良いとなると定期的に飲まないともったいないのではないかと思い、

なかば義務的に まあ怖い物見たさみたいな感じで愛飲しています.
でもやっぱり人の体というのはだんだん慣れてくるもので、

これだけ苦いものでもだんだん口がわかってくるみたいです.

おいしいと感じるというわけではないのですが、

抵抗感が最初すごかったものが、

それほどなくなってきたのはやっぱり見事ですね.

これからもしっかりと摂取していきたいと思い、

それがエイジングケアに繋がるかどうかをしっかりとチェックしていきたいと思います.

よければどんどんとエイジングケアにつながっていくはずですので、記載していきたいと思います。次のブログでまた報告します。

友人の青汁

この前友人に勧められた青汁を飲みました。

なぜ友人がこれを勧めたのかといいますと、

昔ながらの青汁だったのです.

たしかにまずかったです.

でも何だか昔の方はすごく栄養があるように感じたんです.

おいしいわけではないのですが、「良薬口ににがし」といいますか.

そんな感じがしますね.

まずいというよりこれを飲んだら確かに効果があるというのが正直な感想です.

これを買うよと言ったら、

実はと言って笑い出すのです.

なぜかというと、それは市販では売っていないという。

友人が言うには、それは実は友人が独自で作った青汁らしいのです.

乾燥させてそれを粉にして作ったということでびっくりしました.

だから昔の味がするんだと思いました.

でも本当の青汁をつくればこれぐらい苦くなったり美味しくなかったです。

だから本物です.

今の青汁がどうやって作ってるのか、私は工場見学にいったたがないんでわからないのですが、とにかく今の青汁はほんとにおいしいんですよね.

それから比べると彼が自然の素材をそのまま生かして作ったこれは本当に苦かったですよ.

牛乳とハチミツ入れてようやく普通のものになったというか、

本当に今の青汁の粉末タイプはおいしいんですよね.

どちらか飲みたいのかといえばちょっと考えてしまいますが、飲みやすさから言えばいまのタイプがいいですし、栄養面から考えると友人が作ったやつなのかなぁ.

どちらにしても栄養があるのですからいいですけど。

結果がでてうれしくって。

青汁の効果を少し記載したいです。だってうれしくって。

まずしみ。しみが薄くなってきているようです。しみにきくというより肌全体が若々しくなった感じがします。だから老化現象の一つとして考えられるしみなんか簡単に治っちゃうのかも。うれしい。

化粧で隠していたのに、それをしなくてもいい。時間も化粧代もうくからコレもうれしい。

さらにしわですが、コレも同様に少なくなってきました。数云々よりもこれが少なくなるということは若く感じるのです。現に私だけが思っているのではなくて、周りの人からも「わかくなった?」といわれたのです。これってやっぱり青汁効果ですね。

あと、顔にできたたるみ。コレも改善されているようです。お酒がすきな私ですが、デメリットとしてのんだあくる日は顔がむくむのです。それからたるみが生じたといってもおかしくありません。青汁を飲むことで新陳代謝が良くなったからか、むくみ・たるみがなくなりました。最高ですね。

女性としては最高の飲み物ですよ。みなさんもぜひ試飲して見てください。簡単に続けられますよ。

何よりも効果が実感できるのが続けられるポイントです。こんな私でもできるのですからね。

野方もできると思いますが、家族など周りの人もいるとなお効果的ですね。

友達とスティックタイプの青汁を共有しあうというのも一つ。面白いと思います。

鈍化たちであれ、始めてみてください。私が保証します。そのよさは最高です。はい。